ここがポイント!店舗解体

店舗解体なら当サイトにお任せ!

こちらのサイトでは、店舗の解体に関する情報を取り扱っています。
契約では、スケルトンにして返却することが多いですが、どこから始めればよいのかや、業者選びはどうすれば良いかといった疑問を持っている方も多いでしょう。
このサイトではそうしたことに関する解説記事が豊富なので、未経験の場合でも迷わずにお願いすることができます。
ある程度知っておけば、今後お願いすることになる場合にも役立つので、すぐに必要でない人も見ておいて損はありません。

店舗解体は部屋のどの場所から始めるのか

店舗解体は部屋のどの場所から始めるのか 店舗の内装解体をする場合にも手順があります。
一般的には、部屋の壁紙や電気設備、ドアやガラスなどの内装を取り外すことから始めます。
これらの場所から行うのは、外部にあって邪魔だからです。
また、材質も異なるので分別して処理をしなければならないので、効率的に行うために最初にやっておきます。
次に床材を撤去していき、すべて取り除けば解体は完成します。
ただし、この後も廃棄物の処理や内部清掃などを行いますが、業者はすべて込みでやってくれるので依頼者側が気にする必要はありません。
店舗の広さによってかかる時間は変わりますが、小規模な場合であれば2、3日程度で終わることになります。
もし補修が必要となれば別途、リフォーム業者に修復を依頼することになります。

店舗の内装解体の工事の順番は養生から廃棄物処理まで

店舗の内装解体の工事の順番は養生から廃棄物処理まで 店舗解体を業者へ依頼した場合、順番として最初に打ち合わせを行い現地調査を行って見積書をもらい、その内容に納得してから工事着工になります。
店舗の解体工事は、最初に養生を行って店が隣接していると粉塵が待って迷惑をかけるため、防塵・防音対策なども行います。
エントランスやエレベーター、トイレに階段など共有スペースも作業員の移動や廃棄物の搬出で使うため傷をつけないように保護します。
次に、壁材・ガラス・ドア・電気類など内装を撤去し、重機は入れないので人の力で手で壊します。
これもただ壊すのでなくて建物の重要な構造体は残して、最初の打ち合わせで決めた範囲だけに行います。
作業で発生する廃棄物の分別も大事な作業で、廃棄物に関した知識や壁や天井などにアスベスト含有建材が使われていると封じ込めや囲い込み作業も必要です。
内装の撤去が終わったら床材を剥がして、接着剤や糊などが使われているので下地を傷つけないように慎重に綺麗に剥がします。
床材を撤去したらケレンをしたり、下地補修をすることもあります。
工事では大量の色々な種類の廃棄物が出てきて、分類や細かく砕いたりして搬出してから適切に処分をしていきます。
業者を選ぶときに費用が安い所を探したくなりますが、相場よりも極端に安いと不法投棄や不適切処分のリスクがあるので注意が必要です。

店舗の解体工事は元々の状態に戻すことが基本ですが、注意点も。

テナント契約で建物を借りて店舗を運営してきたけれども、お店の移転や閉鎖などで契約を継続しないことが決定した場合、物件を元々の状態にしてオーナーに明け渡す必要があります。この作業を店舗の内装解体、あるいはスケルトン工事と言います。原則として、建物の構造体以外の什器や設備は全て撤去する必要がありますし、壁紙や床、外部の看板なども撤去することになります。注意しなければならないこととして、この工事は短期で行うことは容易でないことが挙げられます。急いで工事を終わらせようとすると、見積もり以上の費用が発生してしまったり、壊す必要がないところまで解体してしまうといったリスクが高まります。そのため、時間的に余裕をもって業者に依頼することが必要です。また、事前にオーナーと打ち合わせをしないことで損をしてしまう恐れもあります。例えば、オーナーの都合で設備は残しておいて欲しいというケースが考えられます。この場合、設備を買い取ってもらえる可能性も十分あり、早まって撤去してしまうと運搬費用などのコストを負担することになるでしょう。これらの点に注意し、トラブルがなく、金銭的な負担も少ない明け渡しを行うことがポイントとなります。

店舗の解体を依頼する前には自主的に処分する作業は必要です

店舗経営を行ってきた方が、廃業をすることを決めたり、店舗の建て替えを行うために解体を依頼することは決して少なくはありません。専門会社に依頼をする際には、現地調査を行った上で明確な見積書を発行してもらうことは欠かせませんが、実際に工事に入る前にはオーナーが自ら処分をした方が良い場合が目立ちます。お店が飲食店の場合では、高額な厨房機器を多数所有していることが多く、この場合は厨房機器の中古品の買取り店を利用することで資金を得ることができます。雑貨店や小売業を営んできた場合は、販売用の什器やレジ回りの設備機器も売却を可能にする会社があるので現金化をしておくことも推奨できます。社員が多数在籍していた店舗の場合は、オフィス家具に分類できるデスクやチェア、書棚やロッカーなどがあり、こちらも事前に中古品のオフィス家具専門の買取り会社に依頼をすることでまとまったお金を得ることは可能です。そのままでも解体可能な物品はありますが、売れるものは前もって売却することで損をしない閉店を行えます。

店舗解体についてはコチラもチェック

店舗 解体 神奈川

新着情報

◎2021/3/2

対応の良い会社を選ぶ
の情報を更新しました。

◎2021/1/5

トラブルを防ぐ対応とは
の情報を更新しました。

◎2020/10/27

大変さはレイアウトによる
の情報を更新しました。

◎2020/8/20

店舗の壁を解体する流れ
の情報を更新しました。

◎2020/06/15

サイト公開しました

「解体 場所」
に関連するツイート
Twitter
Copyright (C) 2020 ここがポイント!店舗解体. All Rights Reserved.